スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強科目としての“歴史”は苦手だけれど、ご高齢者の話で日本の歴史を垣間見て静かに鳥肌が立った話

昨日一緒だった女性が話してくださったこと。

ある医大が中国から看護師の研修生を受け入れた。その際、息抜きに体を動かそうとなって民謡の家元さんを呼んでみんなで習った。 

研修に来ていた中国の方々は大変優秀な人たちで、踊りも上手だった。関係者で着物や帯をあつめて踊った。大事な研修生に怪我をさせてはいけないので、草履は履かずに運動靴に着物だった。足元は見えないからいいよね?(笑)と。

研修生は2年間で30人×3回、計6年間受け入れた。その後、医大の関係者の方と一緒に今度は自分が中国へ行った。なんと現地で、あの時一緒に踊った民謡で歓迎してくださった。大層感激した。 これが本当の国際親善ではないかと思う。下の者同士が交流する。本当に楽しかった。 


今日一緒だった男性が話してくださったこと。

ロシア歌謡の「カチューシャ」。原語で歌える。シベリア抑留時代に、耳で聞いて覚えた。そもそも言葉を覚えなきゃいけなかったし。 

向こうには丸4年いた。二人一組で仕事をさせられる。しかし最終的には一人でやらせてもらえるようになっていた。 踊りを習える機会もあったが、その頃にはもう日本に帰るとなって、それで頭がいっぱいだったから覚えられなかった。  

その人が生きてきた軌跡と、今と
実は私もこの「カチューシャ」を原語で歌える。といっても発音が悪く「カタカナ英語」ならぬ「カタカナロシア語」だけれど…小学生のときに習った1番の歌詞を、なぜかずっと忘れずに覚えている。
まさかそれが、将来仕事で役に立つ時が来るとはまったく思っていなかった。

「なんで原語で覚えるのかな~、難しいな~」なんて呑気に覚えた私とは全く違う環境でこの歌を覚えたご本人は「そうそう、ロシア語で歌えるよ!」と(少なくとも表向きは)明るくおっしゃっていた。

中国の方と日本の民謡で交流した女性。シベリアで「カチューシャ」を覚えた男性。 
お二方の話を聞いて改めて、こういう方々が積み上げてきた歴史の上に今があるのだとじーんと感じる。今が良い時代なのか悪い時代なのかはさておき、ただただ、今ここに自分が在るという状況は先人なくしてはなかったのだと。当たり前といえば当たり前のことに、感謝のような尊敬のような感情が静かに湧いてくる。 

ちなみに「ような」と書いているのは、この表現に完全にしっくりは来ていないから。でも近い感情なのだと思う(余談ですが、こういうのって尊敬しなさいとか感謝しなさいとか人から言われてもピンとこない。他の誰がどうであるかは関係なくて、私自身がとにかくそう感じたという話)。 

そして、そこには歌があったのだと。
歌はこれからも、誰かの人生を紡ぐのだろうか。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。